普段使いのアロマレッスンで学ぶアロマの「なぜ?」

普段使いのアロマテラピーレッスン

長崎 佐世保 川棚 アロマサロン&スクール ミルフルールです

 

普段使いのアロマ・インフルエンザ対策の様子です

 

先月の普段使いのアロマテラピーレッスンの様子をアップするのを忘れてました~。

 

先月のレッスンは一足早い「インフルエンザ対策のアロマ」について。

 

レッスンは嗅覚反応分析チェックも行い、生徒さんに合う精油を主に使います。

 

今回の生徒さんはインフルエンザ対策の精油がぴったり合う体質の方でしたので、使える精油がたくさんでした。

 

インフルエンザに対してアロマが出来ることを詳しく学びます。

 

このブログでも詳しく書いてる記事がありますが、やはり実際に習うと全然違います。

 

 

今回の実習は、スプレータイプのマウスウォッシュと抗菌ジェル。

 

 

マウスウォッシュはマスク用スプレーとしても使えます。

 

後に生徒さんから聞いたのですが、マウスウォッシュを口の中にスプレーしたらめちゃくちゃまずかったそうです(笑)

 

確かに精油はマズイですので、私も実習では作るけど自分は使いません(すみません)

 

でもアルコールにちゃんと溶かしているので、水に数プッシュしてうがい液として使うのもありですし、

 

刺激の少ないマスク用スプレーとして使うのもいいですね。

 

抗菌ジェルは私が実際よく使うので、実習に取り入れました。

 

使う精油によっては、咳がひどい時などに胸に塗るなどの使い方が出来ますよ。

 

手作りのアロマクラフトって、1つ作ってもいろんな使い方が出来るのもいいところです。

 

このレッスンを生かしてこの冬はぜひ元気に過ごしてほしいですね。

 

 

なぜこの精油が使えるのか?を学ぶレッスンです

 

この「普段使いのアロマテラピーレッスン」は毎回10ページを超えるテキストで、レッスン時間も2時間は超えてしまいます。

 

それはとにかく精油の成分の勉強に時間を費やしているから

 

「インフルエンザ対策にいい精油はこれですよ~」と言われても、なぜそうなのかがわからないとなかなか覚えられないし、使いこなせないものなのです。

 

精油の成分がどんな作用なのか、禁忌はあるのか、などがわかるようになれば、精油の成分表を見てこの精油はどんな作用があるなとわかるようになります。

 

ラベンダー1つとっても種類もいろいろ、採れた産地や年度によっても成分が全然違うこともあるので、精油の作用を覚えるよりは、成分から予測できるようになることのほうが大事です。

 

普段使いのアロマテラピーレッスン