アロマテラピーの基本

アロマテラピー初心者さんのレッスン2・精油って何?精油・エッセンシャルオイルとは

前回のレッスンではアロマテラピーにはこんな使い方があるよ、ということをお伝えしました。

今回はアロマテラピーに使う精油についてレッスンしていきましょう♪

 


精油って何?

 

ペパーミントの葉を少しこすったら、なんとも爽やかな香りがしますよね。

またレモンの皮を潰してもすごくいい香りがしますね。

それが精油です。

その香りのする成分、つまり芳香成分のみを集めたものが精油なんです。

そして芳香成分はお薬のような成分、薬効成分の一部です。

精油は薬効成分のうちの芳香成分のみを集めたものだから、精油にももちろん薬効成分があります。

精油をお薬みたいに使うメディカルアロマは、この薬効成分を利用しているんですね。

抽出された精油は、植物自体に含まれているの時の100倍から1000倍に濃縮されています。

ですので、例えば植物の時のペパーミントを口の中で噛むと、ほのかにペパーミントの香りが広がり、薬効成分があっても緩やかだと思います。

しかし、精油になった時のペパーミントを飲んだら(飲んだらダメですよ)、植物の時の香りや薬効成分の100倍から1000倍の強さということになり、口の中が大変なことになりそうですね。

(絶対飲んだらダメですよ)

 

「精油って自然のものだから安全」というイメージが多いと思いますが、実は薬効成分の集まりなので、バリバリの天然の化学物質の集まりと言えます。

精油をバリバリの天然の化学物質の集まりと聞いてしまうと、「自然のものだから飲める」「自然のものだから直接肌につけても大丈夫」とは思えなくなったと思います。

そしてただ単にいい香りのするもの、というイメージも少し変わったかもしれませんね。

なので、正しい使い方が必要になってきます。

 

精油ってどうやって採れるの?

 

精油は植物の芳香成分の集まりということがわかったかと思います。

ではどうやって植物から精油が採られているかということを見ていきましょう。

水蒸気蒸留法

精油を採る方法で一番多いのが、この水蒸気蒸留法です。

簡単に言うと大きな蒸し器にハーブなどを入れて蒸すイメージです(雑!)。

出典:生活の木 https://www.treeoflife.co.jp/

芳香成分が蒸気と一緒に立ち上り、その蒸気を冷やして水分にします。

たまった水分に浮いているものが精油です。

なぜ浮くのかというと精油は水より軽いからです。(例外あり)

残りの水はハーブウォーターとして使うことができ、ハーブウォーターもとても使い勝手がいいです。

ちなみに自分で蒸留することも出来ます。

下の写真は私が家の鍋を使ってミントを蒸留した時の写真です。

精油は採れたかわかりませんでしたが、ハーブウォーターはしっかり採れました。

ちなみに自分で蒸留する場合は精油とハーブウォーターの分離がしにくいので、本当は専用の器具を使った方がいいです。

マイナーなのでそこまでする人はほとんどいないと思いますが(^^;

 

圧搾法

主に柑橘系の皮から精油をとる方法です。

ミカンの皮にブツブツがあり、それをつぶすといい香りがしますよね(目にしみるけど!)。

それが精油です。

圧搾法は熱を加えていなくて潰しているだけなので、フレッシュな柑橘系の皮の香りを楽しむことが出来ます。

 

溶剤抽出法

 

植物を有機溶剤に溶かして芳香成分を抽出する方法です。

主に水蒸気蒸留法では香りが抽出しにくい植物に使われます。

ジャスミンやローズなどお花の精油が多いです。

水蒸気蒸留法で抽出しにくい場合の抽出法は他にもありますが、現在は溶剤抽出法が多く用いられています。

香りを楽しむアロマテラピーには使われますが、メディカルアロマとしては使いません。

なぜなら溶剤が精油に入っている可能性がゼロではないためです。

この方法で採られた精油は「ローズ・アブソリュート」などアブソリュートと書かれていますので、その場合は芳香のみ、と覚えておきましょう。

ローズの精油は水蒸気蒸留法で抽出された精油もありますが、アブソリュートで抽出したローズの方が断然香りが強いです。

ローズの精油が高いのはなぜ?

精油によって値段が違うと思ったことがありませんか?

柑橘系など比較的お手頃な精油もあれば、ローズなど簡単に手が出ない精油もあります。

お手頃な値段ということで、生活の木さんの精油を参考にさせていただくと、

精油3mlで

  • オレンジ・スイート                660円
  • ダマスクローズアブソリュート(ブルガリア産)  6600円

 

なんとローズはオレンジの10倍です!

これは、植物の中に精油がどれくらい含まれているかによって料金が変わっているのです。

オレンジの皮に含まれる精油の量は比較的多く、オレンジ自体の値段も安いけど、ローズは花びらに含まれている精油の量も少ないし、ローズの花自体の値段も高いですよね。

ローズの精油を1kgとるのに必要なバラの花はなんと4トンです。

4トンですよ・・・。

なのでローズの精油が高いのは仕方のないことですし、1滴1滴大切に使いたいですね。

 

もちろんローズだけでなく、精油全て大量の植物から採っているので、やはり1滴1滴大切に使いたいと思っています。

 

精油の特徴や保管方法

ここからは精油を大切に使う上で必要なことを書いておきますね。

 

精油の特徴

  • 芳香成分の集まりなので香りが強い
  • 天然の化学物質の集まり
  • 揮発しやすい(だから蓋はすぐに閉めましょう)
  • 油に溶けやすく、水に溶けにくい
  • 水より軽いので水に浮く(例外あり)
  • 常温で液体(寒いと固まるものもあります)

 

保管方法にも注意が必要です

  • 直射日光を当てない
  • 遮光性のガラス瓶に入れる(透明だと劣化しやすい)
  • 立てて保管する(寝かせるとプラスチックのドロッパーが溶けやすい)
  • 使用後はしっかりと蓋を閉める(蓋がゆるいともれたり、揮発しやすい)
  • 火のそばに置かない(燃えやすいので)
  • 消費期限内に使い切る
    柑橘系は開封後半年、その他の精油は1年を目安に使い切りましょう。
    使い切れなかった場合の使い方は後日記事に書きます

 

精油を取り扱う時は上記のことを頭に入れて使いましょう。

このあたりのことが理解できれば、アロマテラピーはそんなに難しくありません。

 

まとめ

 

精油は「いい香りのするもの」から「植物の芳香成分、つまり天然の化学物質の集まり」ということが分かったと思います。

精油は植物を大量に使用するので、価格もそこそこ高いです。

精油の取り扱いに気を付けてアロマテラピーを楽しみましょう♪

スポンサーリンク
ABOUT ME
ミルフルール
ミルフルールです 2016年3月~2020年8までアロマサロン、2021年3月までアロマスクールをしていました。 現在はスクールはお休み中です。 正しく楽しくアロマテラピーを行っていただくため、記事を書いています。 取得資格 ナード・アロマインストラクター 嗅覚反応分析士インストラクター