アロマテラピーの基本

アロマテラピー初心者さんのレッスン4・精油が体に入るルート

レッスン3では精油を吸い込んだら香りの情報が脳に伝わり、自律神経やホルモンバランスなどに影響を与えますよ、というお話でした。

アロマテラピーが体と心へ影響するルートはもう一つあり、それが体に入るルートです。

今回はこの体に入るルートについてお話します。

 


精油を吸い込んで体に入るルート(呼吸器系から)

 

精油を吸い込むと、精油の情報が脳へ伝わると同時に、肺にも精油の分子が入っていきます。

呼吸をすると酸素は肺へ入り、肺から血液に入っていきますね。

それと同じルートで精油の分子が血液の中に入っていきます。

血液の中に入っていった精油の分子は、体中をめぐりそれぞれの臓器で作用します。

その後肝臓で代謝、解毒され、尿や便などと一緒に排出されます。

汗や息からも排出されます。

精油を吸い込むだけで体にその成分が入っていってるんですね。

 

お肌に塗って体に入るルート(皮膚から)

 

皮膚は通常は簡単に外のものを通しません。

お風呂に入っても水は体の中に入っていかないですよね。

化粧水をつけるとお肌が潤っているように見えるけど、それはお肌の表面部分だけで、体の中には入っていってません。

皮膚断面図

でも精油は分子量が小さいうえに油溶性なので、皮膚の細胞を簡単に通り抜け、毛細血管の中に入っていくという性質があるんですね。

皮膚を簡単に通り抜けて血液の中に入った後は、呼吸器の時と同じです。

このお肌に塗る方法は、筋肉痛や痒み、美容など、様々な用途で活躍しますので、よく使われる方法です。

アロマトリートメントもそうですね。

お肌に付ける方法は、通常直接原液を付けることはせず、植物油やジェルで薄めて使います。

その理由は、精油を皮膚に直接垂らすと、精油が簡単に血液の中に入っていくからなんですね。

ここに精油を原液でお肌につけてはいけませんよ、と言われる理由があります。

 

農薬検査をしていない精油を原液でお肌に付けると

 

日本で売られている精油はほとんどが芳香用の精油です。

ですので精油の農薬検査が義務付けられているわけでもないし、そもそもお肌に付けることを前提に売られていません。

もちろん、精油にする前の植物の状態では、ちゃんと農薬検査は行われているのですが、精油にする前の植物の状態で農薬検査をするのと、精油になった時に農薬検査をするのとでは意味が全然違います。

精油は植物の芳香分子が100倍ほどの濃度になるので、農薬もそのまま100倍の濃度になるのです。

そんな農薬検査をしていない芳香用の精油を原液でお肌に付けたとしたら、農薬がそのまま血液の中に入ってしまっているかもしれないということです。

そう思うと、農薬検査をしていない芳香用の精油を原液でお肌に付けるのは、私だったらしたくないなぁと思います。

ただし原液をつけるのではなく、例えば植物油10mlに精油2~6滴くらいまで薄めると、仮に精油に農薬が入っていたとしてもそこまで心配しなくても大丈夫になります。

 

精油の禁忌

 

精油によっては禁忌というものがあります。

お肌に刺激がある精油や、妊婦さんや赤ちゃんが使うと危険な精油などがあるのです。

アロマテラピーを詳しく勉強していないと、禁忌があるとか普通知りませんよね。

でも知らずに精油を原液でお肌に付けるとどうなるでしょう。

例えば妊婦さんが使うと危険な精油があったとしますね。

でもそれを知らずにその精油を肌に直接つけると、精油は簡単に血液の中に入っていき、お腹の中の赤ちゃんの発育に影響を及ぼさないとも限りません。

こんなふうに、精油を「嗅ぐだけ」と「お肌に直接つける」のとでは、全然違うのですね。

アロマテラピーをお肌に付けて楽しみたい時は、植物油やジェルなどで薄める、が鉄則です。

 

まとめ

  • 体に入るルートは呼吸器系からと皮膚からがあります。
  • 皮膚に精油を原液で付けない理由は、精油は皮膚を簡単に通り抜けて血液に入ることによります。
  • 精油をお肌に付けたい時は、植物油やジェルで薄めて使うのが鉄則です。

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
ミルフルール
ミルフルールです 2016年3月~2020年8までアロマサロン、2021年3月までアロマスクールをしていました。 現在はスクールはお休み中です。 正しく楽しくアロマテラピーを行っていただくため、記事を書いています。 取得資格 ナード・アロマインストラクター 嗅覚反応分析士インストラクター