アロマオイルと精油って違うの?

アロマテラピー

アロマサロン&スクール ミルフルールです。

 

アロマ好き子
雑貨屋さんでアロマオイル買っちゃった~。

値段が倍くらい違うのがあったから安いの買ったわ~

ラベンダーのアロマでマッサージしたらぐっすり眠れそう♪

 

ミルフルール
アロマオイルと精油は別物だから、ラベンダーの香りって言ってもよく眠れるかはわかりませんよ~

 

アロマ好き子
はぁ?言ってる意味がわかんないんですけど。

アロマオイルはアロマでしょ?

 

 

アロマテラピーにおいてよく勘違いされていることの1つに、アロマオイルと精油を混同しているということがあります。

 

芳香浴ならそこまでこだわる必要もないですが、アロマ好き子さんのように「リラックスしたい」など、アロマの効果に期待して使うのなら、アロマオイルと精油の違いを知っておく必要があります。

 

 

ということで今日はアロマオイルと精油の違いについて書いていきますね。

 

アロマオイルと精油の違い

 

精油って?

 

精油は「エッセンシャルオイル」とも呼ばれます。

 

植物の花や葉、枝、根、果皮、樹脂などから、芳香成分のみを抽出したものなので、100%芳香成分の集合体です。

 

アロマテラピーで使用するのは「精油」「エッセンシャルオイル」です。

 

 

アロマテラピーは植物の芳香成分が精神や身体に作用を及ぼすことを期待して使います。

 

たとえばリラックスで有名なラベンダー精油ですが、成分の「エステル類」や「リナロール」がリラックス効果をもたらすので、ラベンダーを使用するとリラックスするんですね。

 

なので、アロマテラピーとして使うのなら精油を使わないと意味がないということです。

 

アロマオイルとは?

 

精油が100%植物の芳香成分のものに対し、アロマオイルはそうではないということです。

 

精油を使っていてもオイルが混ざっていたり、人工香料が使われていたりします。

 

キャンドル作りにつかわれる「フレグランスオイル」や、ポプリの香り付けに使われる「ポプリオイル」もアロマオイルにあたります。

 

 

なので植物のみから摂られる精油より、値段が安く購入できます。

 

アロマテラピーとしてではなく、香りを楽しむ分にはアロマオイルでもいいと思います。

 

ですが前述した通り、精油の成分が体や心に作用するので、その成分が入っていないアロマオイルが精油と同じ働きをするとは考えられませんよね。

 

 

アロマテラピーとして使用するのなら「精油」「エッセンシャルオイル」を使用しましょう。

普通に芳香浴として使うのならこだわらなくてもいいと思います。

 

ちなみに私はアロマオイルの香りは具合が悪くなるので使いません。

 

キャンドルやポプリ、アロマワックスバーもフレグランスオイルやポプリオイルを使ったら具合が悪くなったので、アロマオイルではなく安価な精油を使っています。

 

 

 

精油とアロマオイルの見分け方

 

雑貨屋さんではアロマオイルも精油も一緒に置いてあることが多いので、どれがどれか見分けがつきにくいです。

 

おしゃれにディスプレイされてると、なんか体や心に良さそうな感じがしますもんね。

 

ではどうやって見分けるのかということですが、まずは箱に「精油」または「エッセンシャルオイル」と書いてあるかどうかを見ましょう。

 

精油やエッセンシャルオイルなら書いてあるはずです。

 

 

その他には

  • 植物の学名が書いてある
  • 抽出部位・抽出方法が書いてある
  • 原産国名が書いてある
  • 蒸留年月、消費期限が書いてある
  • ロット番号が書いてある

 

 

などであればバッチリですが、とりあえず「精油」「エッセンシャルオイル」と書いてあるかを確認できればいいでしょう。

 

 

まとめ

 

植物の芳香成分100%のものが「精油」「エッセンシャルオイル」

他のものがまざっていたり、人工香料のものが「アロマオイル」です。

 

芳香浴ならどちらを使ってもいいと思いますが、アロマテラピーとしてアロマの効果を期待して使うのなら、精油を使いましょう。

 

箱に「精油」「エッセンシャルオイル」と書いてあれば精油です。

 

目的に応じて楽しくアロマライフを送ってください♪

 

アロマテラピーを詳しく学びたいならこちらをおすすめします