喉が痛いけど熱はない時のアロマテラピー

アロマテラピー

喉が痛いけど熱はない時のアロマテラピー

 

長崎県 佐世保 川棚 アロマサロン&スクール ミルフルールです。

 

病院に行くほどでもないけど、ほうっておいたら明日あたり熱でそうだなぁって時、ありませんか?

 

うちの子は先週、学校から帰ってくるなり

「喉が痛い」と言ってきたんです。

 

今の所熱もないし、食欲もあるし(特におやつ^^;)、病院に行く程でもないんですよね。

 

でもこのままだと確実に明日あたり熱出るなという感じです。

 

そんな時に役立つのがやっぱりアロマだな!と思うんですよ。

 

やっぱアロマだなと思ったpart1

 

その日、うちの子御用達のラヴィンツァラジェルをちゃちゃっと作りました。

 

今年何回作ったかな。

 

次の日も変わらず喉は痛いと言ってましたが、熱もなく食欲も旺盛だったので、普通に学校に行きました。

 

吸入もいいですよ

 

私はラヴィンツァラジェルが御用達なんですが、いちいちジェルなんか作るの面倒くさいという人は、吸入もいいですよ。

 

写真がないのでわかりにくいと思いますが、

洗面器にお湯を張ってそこに精油を1,2滴垂らし、バスタオルで頭と洗面器を覆って、蒸気と共に精油を吸い込むというものです。

 

蒸気とともに精油の成分が喉にも作用します。

 

使う精油はラヴィンツァラかユーカリ・ラディアタがオススメです。

 

それも面倒くさかったら、マグカップにお湯を張り、そこに精油を垂らして蒸気と共に吸い込むのもアリです。

 

 

やっぱアロマだなと思ったpart2

 

私は義父の入院している病院に洗濯物を取りに定期的に行っています。

 

この時期の病院って行くの正直イヤですよね。

 

病院に行ったばっかりにインフルエンザをもらってきそうだし、もしくは私がウイルスを義父に運ぶ可能性もありますしね。

 

そんな時は「やっぱアロマだな」と思うんですよ。

 

この前作ったマスク用スプレーをマスクに振りかけて行ってます。

 

 

病院に行く前と帰ってきた後は抗菌ジェルを手に塗り塗り。

(もちろん手洗いうがいは必須ですけどね)

 

 

ちょっとした不調や予防には、アロマを利用するのが、、、楽しい(笑)

 

(注)アロマで治療が目的ではありません

 

誤解してほしくないのは、アロマで治すわけではないということ。

 

子供が喉が痛いと言った時に私がラヴィンツァラジェルを作るのは、これで喉を治そうという目的ではありません。

 

体の免疫を少しでも上げてウイルスに負けないようにする目的です。

 

呼吸器系にもいい働きをするから、喉が痛い状態でも少しでも快適になればという目的もあります。

 

それで免疫がアップして次の日熱が出なければラッキーだし、熱が出れば病院に行きます。

 

マスク用スプレーも、これしとけばインフルエンザにならないというものではありません。

 

だけどやっぱり、

  • 病院に行くほどでもないプチ不調
  • 病院が開く時間まで随分あるからそれまで何かしておきたい
  • 予防

にはアロマはすごく使えます。

 

プチ不調や予防にアロマをちゃちゃっと使いたいなら、こちらの講座はとってもオススメです。

 

アロマを使いこなす講座

嗅覚反応分析士・入門講座

 

ナードインストラクターのミルフルールがレッスンします!