アロマの好みが変わると食べ物の好みも変わる

嗅覚反応分析

パクチーの味、変わった?いや変わったのは・・・

 

 

長崎県 アロマサロン&スクール ミルフルールです。

 

好きなアロマの好みが変わると食べ物の好みも変わる

 

「パクチーってこんな虫の味だったっけ?」

 

先日数年ぶりにパクチーを食べたら、すごく不味かったのです。

 

虫の味がしました(虫食べたことないけど)

 

数年前、私はパクチーが大好きだったけど、家族がパクチー大嫌いだったから、ここ数年食べてなかったんですよね。

 

で、数年ぶりに食べたらそんなことになっていたのです。

張り切ってパクチーをプランターに植えたのに・・・

 

 

あなたもこんなことありませんか?

 

昔は大好きでよく食べていたのに、最近なぜか受け付けなくなった食材や料理。

 

味覚が変わったということは、体質も変わったということなんですよね。

 

好きなアロマの好みも変わっているはず!!

 

数年前、私は毎日体がダルくて重くて、常に重力を感じている毎日を送っていました。

 

 

その頃まではパクチーが大好きで、家族には絶不評だったけど、しょっちゅうパクチーを使っていたのです。

 

パクチーの何がそんなにまずいのか、全く理解出来ませんでした。

 

で、その頃はラヴィンツァラのアロマの香りが大好きで、レモングラスのアロマの香りが大嫌いだったのです。

 

ところが今の私は、体は軽いし気力はあるしで、数年前とは全く別人のようなのですね。

 

で、パクチーから虫の味がするようになってしまいました。

 

ちなみに今はラヴィンツァラのアロマの香りは苦手、レモングラスのアロマの香りは大好きです。

 

※これはあくまでも私の場合で、パクチー好きな人は体がだるい、嫌いな人は体が軽い、と言っているものではありません。

 

 

アロマの香りで科学的にチェックする

 

でも体のダルさなんて気のせいじゃないの?ってなりますよね。

 

コリや筋肉痛みたいに痛みを伴うものではないし、自分の気力の問題と言われればそれまでな感じです。

 

でも、私には嗅覚反応分析というツールがあるのです。

 

※嗅覚反応分析とは、香りの好みをグラフ化し(IMチェック)今の体と心の状態を知り、

 

その状態に合った選択をしていく、というものです。

 

 

香りも物質なので、その物質が体にとって必要なのか、必要でないのか、本能が瞬時に判断しているのです。

 

さて、数年前の体がダルかった頃の私のグラフは、「老廃物いっぱい溜めてますね」的なグラフだったのですね。

 

でも今は「もう少し落ち着こうか」と言いたくなるくらい活発なグラフです。

 

体質が変わると、必要な栄養素ももちろん違ってくるでしょうから、食べ物の好みも変わるって、考えてみれば当たり前のことですよね。

 

数年前の私にはパクチーはとっても必要だったけど、今の私には全く必要ありませんってことです。

 

だからいくら体にいいとか言われても食べません。

 

もしかしてあなたは、何年も何十年も同じサプリとか飲んでいませんか?

 

飲み始めた時は確かに必要だったかもしれない。

 

でもそのサプリが効いていたら、体質は変わる可能性がありますよね。

 

体質が変わったら、その栄養素はあなたに必要ないかもしれませんよ。

 

私がパクチーが嫌いになったのと同じように。

 

常に自分の体の声を聞いて、必要なものを体に届けてあげたい、と私は思っています。

 

体の声を簡単に聞けるのは、嗅覚です。

 

嗅覚で毎日体の声を聞いてみませんか?

 

ご興味のある方はご登録ください。

体質別アロマテラピー・プチメール講座のご案内