アロマテラピー初心者さんのレッスン3・なぜアロマでリラックスするの?

アロマテラピー基本編

 

好きな精油の香りを嗅いで「いい香り~」と感じたり、好きな香りでリラックスしたりしますね。

アロマで眠れるようになるとかホルモンバランスが整うとかもよく聞くと思います。

それはどのような仕組みでそうなっているのでしょうか。

精油の脳への伝わり方

ちょっと難しい話をしますと、精油を鼻から吸い込むと、精油の分子が鼻の奥にくっついて溶け込みます。

その分子が脳に伝わるのですが、直接精油の分子が脳まで行くのではなく、電気信号で情報だけが伝わります。

その情報が最初に伝わる脳が大脳辺縁系と呼ばれる本能を司る脳です。

なぜ本能を司る脳へ最初に伝わるのかというと、嗅覚の情報はそれだけ命に関わるということでしょう。

例えば賞味期限切れ翌日の食べ物の香りを嗅いで、「まだいける」とか「もう食べられないな」とか判断しませんか?(え?私だけ?)

嗅覚の情報はかなり正確で、臭い食べ物は腐っているから体に入れたらだめですよ、と本能が一瞬で判断しているのですね。

そんな感じで精油の分子の情報も本能に伝わります。

その後、精油の持つ薬理作用に応じて、自律神経やホルモン系、免疫系に指令が下されて作用する、という仕組みです。

例えば「ラベンダーは眠れる精油」などと言われますね。

ラベンダーの精油には鎮静作用などがあり、そのラベンダーの分子の情報が本能に伝わり、自律神経などに作用して嗅いだ人をリラックスモードにさせているのです。

ですので、アロマテラピーは自律神経やホルモンバランスを整えるとってもお手軽な方法と言えます。

 

精油の好き、嫌いの意味するもの

アロマテラピーと本能の関係で、もう一つ外せない話が「香りの好き嫌い」のことです。

アロマと言えばラベンダーが有名だと思いますが、みんながみんなラベンダーの精油の香りが好きなわけではないですよね。

ラベンダー精油の香りが苦手な人も当然います。

友達から「この香りすごくいいよー」と勧められた香りが、あなたには苦手と感じることがあるかもしれません。

そして前は好きだったのに、今はなぜか嫌いといった、香りの好みの変化もあります。

なぜ好きな香りと苦手な香りがあるのか、不思議に思いませんか?

 

その理由は先ほど書いた、賞味期限切れの食べ物をまだ食べられるかどうか匂いを嗅いで判断するということと同じ理由です。

本能はこれを自分の体の中に入れてもいいものか、危険なものかを一瞬で判断します。

自分にとっていいものだったらぜひ体に入れてほしいので「いい香り」に感じるし、危険なものだと判断したら体に入れてはいけないので臭く感じさせるんですね。

ラベンダーの精油にはリラックスさせたり、神経を鎮静させる作用があります。

もしあなたがラベンダーの香りが苦手だなぁと感じるとしたら、あなたはすでにリラックスしているという可能性があり、体が「もうこれ以上リラックスしなくていいよ」というメッセージを脳に送っているのです。

前はラベンダーの精油は好きな香りだったのに今は苦手と感じるのなら、前はリラックスできてなかったけど、今はすごくリラックスしているということです。

レッスン1で、私が「好きと感じる香りを選ぼう」と何度か言ってたのは、そういう意味なのです。

この香りの好みを無視して「ラベンダーは不眠にいいって聞くから」と苦手と感じながらもラベンダーを嗅いだとしても、ストレスがたまるばかりで効果はさほど期待できません。

香りを楽しむアロマテラピーでは、ぜひ好きな香りを重視して精油を選びましょう。

メディカルアロマはこの限りではありませんが、このことについてはまた別のレッスンで。

 

まとめ

 

  • 匂いの情報は本能に直結して、精油の持つ作用によっては自律神経やホルモンバランスに作用します。
  • 好きな香りは体が求めている香り(作用)、苦手な香りは体がいらないと言ってる香り(作用)。
  • 香りを楽しむ目的のアロマテラピーでは、作用で選ぶのではなく好きな香り重視で選びましょう。

 

好きな精油の作用を調べて、自分が何を求めているのかを推測するのも楽しいですよ♪