アロマテラピーの基本 PR

アロマのブレンドの相性とレシピ | 組み合わせにNGはあるの?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

この記事は「アロマのブレンドの方法」を紹介しています。

精油を何本か持っているので組み合わせてみたいけど、ブレンドするときの決まりはあるんですか?
とくに決まりはなくて好きな香りを好きなようにブレンドすればOKです。ただ、ちょっとしたコツは知ってるといいかも。

アロマテラピーで精油は1種類で使うことはほとんどなく、たいてい数種類を組み合わせています。

1種類よりも数種類をブレンドしたほうが奥深いくいい香りになったり、相乗効果で作用がよりよくなったりするからです。

精油を何本かもっているなら、ぜひブレンドに挑戦してみてくださいね。

この記事でわかること

  • 精油のブレンドの基本
  • 精油の組み合わせ例

あなたのアロマライフが広がることまちがいなしです!



【基本】精油のブレンドのポイント | NGはとくにない

精油 ブレンド

精油のブレンドは「自分の好きな香りを好きなように組み合わせる」でいいのですが、知っていたらもっとアロマが楽しめる3つのポイントを紹介していきます。

精油のブレンドのポイント
  1. 香りのタイプ
  2. 香りの強弱
  3. ノート

香りの組み合わせに迷ったら、精油の香りのグループを参考にするといいです。

香りのタイプと相性から考える

精油の香りは主に7種類のグループに分けられ、同じ・隣のグループの香りとは相性がいいと言われています。

なので、初心者のころは同じ・隣のグループの精油を組み合わせると相性がよくなじみやすいです。

精油のグループ
グループ 精油
シトラス系
  • オレンジ・スイート
  • レモン
  • グレープフルーツ
  • ベルガモット
  • マンダリン
  • ライム
ハーバル系
  • ローズマリー
  • ペパーミント
  • クラリセージ
  • セージ
  • フェンネル
  • マジョラム
  • バジル
  • シトロネラ
  • レモングラス
樹木系
  • ティートゥリー
  • ユーカリ
  • ラヴィンツァラ
  • サイプレス
  • ジュニパー
  • プチグレン
  • ホーウッド
スパイス系
  • クローブ
  • シナモン
  • ジンジャー
  • ブラックペッパー
樹脂系
  • フランキンセンス(乳香)
  • ベンゾイン(安息香)
  • ミルラ(没薬)
エキゾチック系
(オリエンタル系)
  • サンダルウッド
  • パチュリ
  • イランイラン
  • ベチバー
フローラル系
  • ローズ
  • ネロリ
  • ジャスミン
  • ゼラニウム
  • カモマイル
  • ラベンダー

では、まず同じグループの精油を組み合わせてみましょう。(数字は割合です)

【シトラス系】

レモン1:グレープフルーツ1

同じグループなので香りが似ていてなじみやすいのに、1種類より複雑な香りになります。

次は隣り合ったグループの精油をブレンドしてみましょう。

【シトラス系+ハーバル系】

レモン5:ペパーミント1

違うグループの香りですがなじみやすく、お互いが引き立ちあうような奥深い香りになります。

上↑の例で「レモン5:ペパーミント1」としているのは、香りの強弱があるからです。

香りの強弱のバランスを考える

香りの強弱のバランスを考えてブレンドすることも大切です。

精油の香りには強弱があるので、同じ分量でブレンドすると弱い香りが全くしないことがあります。

精油の香りの強弱
強弱 精油
強い
  • カモマイル
  • クローブ
  • ジャスミン
  • シナモン
  • パチュリー
  • バジル
  • ベンゾイン
  • ペパーミント
  • レモングラス
やや強い
  • イランイラン
  • クラリセージ
  • シダーウッド
  • ジンジャー
  • ゼラニウム
  • ネロリ
  • パルマローザ
  • ブラックペッパー
  • プチグレン
  • ミルラ
  • ユーカリ
  • ローズマリー
  • ローズ
普通~
やや弱い
  • 柑橘系
  • サイプレス
  • サンダルウッド
  • ジュニパー
  • ティートゥリー
  • ホーウッド
  • ラベンダー

強い香りは1滴ずつ香りを確かめながら加えていくと失敗しないです。

ただ、嫌いな香りの場合、「普通~弱い」とされている香りでもすごく強く感じることがあるので、好きな香りだけ使うというのは基本ですね。

香りの強いペパーミントと弱いレモンを組み合わせると、このような割合にしないとペパーミントの香りしかしなくなります。

【香りが強い+弱い】

レモン5:ペパーミント1

これは1例なので、実際に強い香りに弱いものを加えていって、ちょうどいいバランスを見つけてくださいね。

ノート(揮発性)のバランスを考える

精油には香り立ちが速いものと遅いものがあり、香水をつくるときは必ずこのバランスを考えます。

一番始めに香る香り立ちが早い(揮発が早い)ものがトップノート、最後の方まで残る(揮発が遅い)ものがベースノートです。

トップ、ミドル、ベースをバランスよくブレンドすることで香りが長く続き、時間によって香りが変化する奥行きの深い香りになります。

香りの配分の目安はトップ:ミドル:ベースが2:2:1と言われています。

香水作りには必要な知識ですが、ふつうにお部屋を香らせるくらいならそこまで考えなくてOKです。
精油のノート
ノート
持続時間
精油
トップ
10~30分
  • 柑橘系全般
  • シトロネラ
  • ティートゥリー
  • ペパーミント
  • パルマローザ
  • ユーカリ
  • レモングラス(ミドル寄り)
ミドル
30分~2時間
  • カモマイル
  • クラリセージ
  • サイプレス
  • ジャスミン
  • ジュニパー
  • マジョラム
  • ゼラニウム
  • ネロリ
  • ブラックペッパー
  • ラベンダー
  • ローズマリー
  • ローズ(ベース寄り)
  • イランイラン(ベース寄り)
ベース
2時間~半日
  • フランキンセンス(ミドル寄り)
  • サンダルウッド
  • パチュリ、
  • ベンゾイン
  • ミルラなど

トップ・ミドル・ベースの組み合わせ「2:2:1」はこんな感じです。

ベルガモット2:ゼラニウム2:サンダルウッド1

では、どのようにブレンドを作っていくのか紹介します。

アロマのブレンドのしかた

エッセンシャルオイル ブレンド

アロマのブレンドの仕方はこんな手順だとやりやすいです。

  1. 「いつ・どんなときに・何の目的で」を決める
  2. メインの香りを決める
  3. サブの香りを決める

ブレンドは「どんな気分になりたいのか」「どうなりたいのか」などの目的を決めると作りやすいです。

「いつ・どんなときに・何の目的で」を決める

まず、「夜寝る前に香らせたい」「朝から元気を出したい」などの「いつ・どんなとき・何の目的か」を決めます。

目的が決まるとおのずと使う精油が決まるのです。

メインの香りを決める

たとえば「寝室でぐっすり眠るために使いたい」という目的でブレンドすることにします。

寝るときにおすすめの精油の中から、好きな精油1本をメインにします。

メイン…ラベンダー

 サブの香りを決める

寝るときにおすすめの精油はラベンダー1本ではなくほかにもたくさんあるので、その中から好きな香りを1、2本選びます。

メイン…ラベンダー

サブ…オレンジスイート、ベルガモット

香りのグループが同じ精油とか、隣り合った精油なども考慮して取り入れた方がより香りは良くなります。

メイン…ラベンダー(フローラル系)

サブ…オレンジスイート、ベルガモット(シトラス系)

精油のグループで隣どうし

始めのころはそこまでの余裕はないと思うので、とりあえず同じような効果の精油から好きなものから選ぶだけでOKです。

どの精油を何滴いれるか決める

使う精油が決まったら、どれを何滴ブレンドするかを決めていきます。

このときは香りの強弱を参考にしながら、鼻で嗅ぎながら確認して作っていきましょう。

メイン…ラベンダー(香りの強さはふつう)

サブ…オレンジスイート、ベルガモット(香りの強さは弱い)

「メインのラベンダーの香りの強さはふつう」、「オレンジスイートとベルガモットは弱め」ということを参考にすると、「ラベンダー:オレンジスイート:ベルガモット=1:1:1」くらいでいいでしょう。

でも、はじめに何滴入れると決めてても、実際に精油を加えていくと自分の好みがあるので、決めた通りにはなりません(笑)

結局、「自由にブレンドしましょう」ということになります。

ブレンドエッセンシャルオイルをつくっておくと便利!

毎回使うシチュエーションや精油が決まっているなら、あらかじめ精油を数種類入れた「ブレンドエッセンシャルオイル」を作っておくと便利です。

作り方は「遮光瓶」(精油の入っている瓶でもOK)に、好きな精油を好きな割合で入れていくだけ。

「寝る前用」や「勉強のとき用」など、一度作っておくと手軽に香りを楽しめます。

目的別おすすめアロマブレンドレシピ

アロマ ブレンド レシピ

目的に応じてブレンドするときの参考にしてください。

芳香するためのアロマブレンド

香りを嗅いで楽しむためのブレンドを紹介します。(精油の後の数字は割合です。)

睡眠

眠るときにお部屋に香らせたり、アロマストーンにたらすときにおすすめのブレンドです。

ラベンダー1:オレンジスイート2

不眠におすすめの眠れるアロマ | 眠れないときに試してほしい10本この記事は「不眠におすすめのアロマ」を紹介しています。 精油には「誘眠作用」があるものがあり、夜寝る前にその香りを...

集中力アップ

集中力をアップさせる組み合わせなので、勉強やデスクワークにぴったりです。

ローズマリー・シネオール2:レモン3

アロマで集中力アップ!おすすめブレンドで在宅ワークや勉強の効率アップに受験勉強や在宅ワークなど、家で集中したい時がありますよね。 学校や会社では集中できるのに、自宅となるとリラックスしすぎて、なかなか...

風邪の季節

風邪の季節にお部屋に香らせたい、空気清浄の役割をするアロマブレンドです。

ユーカリ・ラディアタ1:グレープフルーツ1

風邪の時に使いたいアロマ3選!引き始めから予防までこの記事は「風邪の時に使いたいアロマ」を紹介しています。 喉が痛いけど病院に行くほどでもない、でも放っておいたら明...

花粉症の季節

花粉症がつらい季節にお部屋に香らせたいブレンドです。

ティートゥリー1:トドマツ1

アロマで花粉症の不快症状をやわらげよう!おすすめ精油3選とブレンド例もご紹介  花粉の季節の不快症状、つらいですよね。 この記事では、花粉症の鼻のトラブルを軽減するアロマや、その使い方についてお伝えしま...

スプレーやバスソルトのアロマブレンド

お部屋に香らせるブレンドエッセンシャルオイルだけでなく、スプレーやバスソルトの精油もブレンドできます。

空気をリフレッシュ!アロマルームスプレー

空気清浄効果のある精油を組み合わせてのルームスプレーもおすすめです。

気持ちをリフレッシュする効果もあります。

  • レモン…6滴
  • グレープフルーツ…6滴
  • オレンジスイート…6滴
  • 無水エタノール…20ml
  • 精製水…10ml
アロマルームスプレーの作り方 | かんたんで使い方もいろいろこの記事は「アロマルームスプレーの作り方」について書いたものです。 この記事でわかること アロマルー...

リラックス・アロマバスソルト

リラックスする精油を組み合わせてバスソルトのブレンドができます。

  • ラベンダー…1滴
  • マンダリン…1滴
  • バスソルト(あら塩でもOK)…大さじ1

精油がお湯の表面に浮いてお肌につく可能性もあるので、お肌が敏感な人はバスオイルに混ぜてください。

詳しいことはこちらに書いています。

アロマを使ったバスソルトの作り方 | 基本から色付きまでレシピ公開この記事では「アロマバスソルトの作り方」を紹介しています。 基本の作り方から「色つきのバスソルト」まで、レシピ大公...

アロマのブレンドでお気に入りのレシピを見つけて

精油のブレンドはNGはとくになく、基本的には好きな香りを組み合わせればOKです。

慣れてきたら香りのグループや強弱まで考えると、もっと楽しくなりますね。

いろいろ試してあなただけのお気に入りのブレンドを見つけてくださいね♪



ABOUT ME
みるふる
アロマの保健室のみるふるです 数年間、アロマサロンとアロマスクールをしていました。 アロマテラピーを楽しく正しく生活に活かすための、わたしなりの使い方の記事を書いています。 現在の保持資格 ナード・アロマインストラクター
こちらの記事もおすすめ!