セルフケア PR

不眠におすすめの眠れるアロマ | 眠れないときに試してほしい10本

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

この記事は「不眠におすすめのアロマ」を紹介しています。

体は疲れているのに眠れません
寝る前に眠れるアロマを使ってみましょう

精油には「誘眠作用」があるものがあり、夜寝る前にその香りを嗅ぐことで神経がリラックスモードに入り、眠りやすくなります。

この記事でわかること

  • 不眠におすすめのアロマ
  • 眠れるアロマの具体的な使い方

夜の入眠儀式にアロマを取り入れてみましょう。



不眠におすすめのアロマ10選

よく 眠れる アロマ

「不眠におすすめのアロマ」は意外とたくさんあるので、好きな香りを選んでください。

  • ラベンダー
  • マンダリン
  • ベルガモット
  • オレンジ・スイート
  • プチグレン
  • カモマイル・ローマン
  • イランイラン
  • ラヴィンツァラ
  • マジョラム
  • リトセア(リツエアクベバ)

まずは王道ラベンダーから紹介します。

ラベンダー・アングスティフォリア

眠れる・リラックス効果で一番有名なのがラベンダーではないでしょうか?

ラベンダーにもいろいろ種類がありますが、一般にラベンダーと言えば「ラベンダー・アングスティフォリア」「真正ラベンダー」のことです。

ラベンダー精油は、心身をリラックスさせたり、不安を和らげる作用があり、寝る前におすすめの精油です。



リラックスだけじゃない!万能精油ラベンダーの効果や使い方初めて買ったアロマはラベンダーという方も多いのではないでしょうか? ラベンダー・アングスティフォリアは万能精油としても有名で、幅広...

マンダリン

柑橘系の精油のマンダリンも誘眠作用があり、眠りたいときやリラックスタイムに使います。

香りの印象は甘く濃厚なイメージで、みるふるは体調によっては「大好きなとき」と「嗅ぎたくないとき」があります
created by Rinker
¥842
(2024/07/16 02:16:20時点 楽天市場調べ-詳細)

ベルガモット

ベルガモット精油は、ストレスや不眠にもよく使われ人気の香りです。

ほかの柑橘系に比べると、少し苦みがあり濃厚な落ち着いた香りがします。



オレンジ・スイート

元気で明るい気分になるオレンジ・スイートにも誘眠作用があります。

好きな人が多い香りなので、まずはオレンジ・スイートから取り入れてもいいかもしれません。

created by Rinker
¥1,870
(2024/07/15 21:29:14時点 楽天市場調べ-詳細)

プチグレン

プチグレンはリラックス効果や自律神経をととのえる作用があります。

香りは苦みを感じる香りで好き嫌いがわかれますが(というか好きという人をそんなに見たことがない)、ブレンドに1、2滴加えるといい感じになることがあります。

ものすごく好きな人以外はたくさん使う精油ではないので、購入する場合は3mlから始めた方が無難です。
created by Rinker
¥800
(2024/07/16 02:16:20時点 楽天市場調べ-詳細)

カモマイル・ローマン

神経を落ちつかせる成分をたくさん含んでいて、リラックス効果があります。

高価な精油なので、わざわざ購入するというよりは、持っている人は不眠に使ってもいいかなという感じです。

ふだんはそんなに好きな香りではないのですが、神経が高ぶっているときはめちゃくちゃいい香りに感じます
created by Rinker
¥4,510
(2024/07/16 02:16:20時点 楽天市場調べ-詳細)

イランイラン

イランイランはパニックや興奮を落ち着かせたり、不安な気持ちを和らげたりするなど、神経のバランスをとる精油です。

イランイランの香りは好き嫌いがはっきりわかれるので、単品で使うというよりはブレンドに1、2滴加えるという感じで使うといいでしょう。

ラヴィンツァラ

ラヴィンツァラ精油は、呼吸器系や免疫アップに使われることが多いですが、強い誘眠作用もあります。

眠れるアロマでおすすめの精油はわりと甘い香りが多いのですが、ラヴィンツァラはスッキリとしています。

みるふるの子どもが小さいときは、喘息で夜眠れないときにキャリアオイルに混ぜて胸に塗ると、咳もおさまり眠りにもつけるという一石二鳥の精油でした
ラヴィンツァラ精油の効能と使い方 | 禁忌やラベンサラとの違い この記事では、風邪の季節におすすめなラヴィンツァラ精油の効能や使い方について紹介していきますね。 ...

マジョラム

マジョラムは、カラダとココロのリラックスや誘眠作用があります。

香りは好き嫌いが分かれるところです。

リトセア(リツエアクベバ)

リトセアは、ストレスや不安などのメンタルのトラブルにもよく使われる精油です。

リトセアと似たような香りでレモングラス、ユーカリ・レモンがあり、これらも誘眠作用やリラックス効果がありますが、ストレスや不安・不眠にはリトセアがおすすめです。

フロリハナ リトセア/リツエアクベバ 5.6ml

では、これらの眠れるアロマを使っていきましょう。

不眠におすすめのアロマの上手な使い方

睡眠 の 質 を 上げる アロマ

眠れる精油の上手な使い方を紹介します。

「好きな香り」を嗅ぐことが一番大事なので、あなたの好きな眠れる精油に変えて作ってみてください。

苦手な香りをガマンして嗅いでいると、かえってストレスで眠れなくなります!

眠れるブレンドを作っておこう

眠れる精油の中から好きな香りをいくつか選んであらかじめブレンドしておくと、寝る前にすぐに使えて便利です。

【眠れるブレンドエッセンシャルオイル】

  • オレンジ・スイート…20滴
  • ラベンダー・アングスティフォリア…10滴
  • ドロッパー付き遮光瓶

遮光瓶に精油をまぜたら出来上がり。

アロマディフューザーを持っていたら、このブレンドを寝る30分前くらいにお部屋に香らせておきましょう。

また、アロマストーンティッシュに垂らして枕元に置くのもいいですね。

アロマのブレンドの相性とレシピ | 組み合わせにNGはあるの?この記事は「アロマのブレンドの方法」を紹介しています。 アロマテラピーで精油は1種類で使うことはほとんどなく、たい...

枕カバーや寝室にアロマスプレーをシュッと

眠れる精油で作ったアロマスプレーを、寝る直前に寝室や枕カバーにひと吹きして香りをつけます。

ブレンドエッセンシャルオイルを枕カバーに垂らすと香りが強すぎるので、スプレーにしておくといい感じに香るのでおすすめです。

【眠れるアロマスプレー】

  • ベルガモット…6滴
  • ラベンダー・アングスティフォリア…5滴
  • プチグレン…1滴
  • 無水エタノール…20ml
  • 精製水…10ml

夜用なので大丈夫とは思いますが、ベルガモットはお肌につけて日光にあたるとシミになることがあるので、肌にはスプレーしないようにしてください。

アロマルームスプレーの作り方 | かんたんで使い方もいろいろこの記事は「アロマルームスプレーの作り方」について書いたものです。 この記事でわかること アロマルー...

寝る前にぬりぬりするロールオンアロマ

お好きな眠れる精油をキャリアオイルと混ぜてロールオンボトルにいれておくと、寝る前に手軽に香りを楽しめます。

寝る前に首筋に塗るとほのかに香りを楽しめて、かつ精油のリラックス成分が体の中に入り鎮静してくれます。

【寝る前にぬりぬりするロールオンアロマ】

  • ラヴィンツァラ…5滴
  • オレンジ・スイート…5滴
  • キャリアオイル…10ml
  • ロールオンボトル
ロールオンアロマの作り方と使い方|おすすめ精油も 自分の好きな精油を組み合わせて香油として使ってもいいし、頭痛や肩こり用のレシピにしてもいいですね。 この記事で...

お風呂でリラックス・バスソルト

お風呂でアロマのバスソルトを使うと最高のリラックスタイムになります。

【リラックス・アロマバスソルト】

  • バスソルト(あら塩でもOK)…大さじ1
  • レモングラス…1滴
  • リトセア…1滴

バスソルトに精油をよく混ぜて湯船に入れます。

レモングラスは血管を広げる作用があり、冷えて眠れないタイプの方にはとってもおすすめです。

塩は安い粗塩でいいですが、やはり入浴用の岩塩を使った時のリラックス効果は半端ないです!
アロマを使ったバスソルトの作り方 | 基本から色付きまでレシピ公開この記事では「アロマバスソルトの作り方」を紹介しています。 基本の作り方から「色つきのバスソルト」まで、レシピ大公...

からだをゆるめるリラックスオイル

眠れる精油をキャリアオイルに混ぜると、お風呂上りのフットマッサージに使えたり、凝っている肩や背中に塗ることができます。

【リラックス・マッサージオイル】

  • ユーカリ・レモン…3滴
  • イランイラン…1滴
  • 植物油…10ml
  • 保存用遮光瓶

ユーカリ・レモンもイランイランも誘眠作用がありながら、筋肉痛や肩こりなどにもよく使われる精油です。

イランイランでなくてもレモングラスやリトセア、ラベンダーもいいです。

眠る前のヘッドマッサージもとてもおススメで、その場合はラベンダー、イランイラン、プチグレン、マンダリン、ベルガモット、カモマイル・ローマンから選ぶとよりいいですよ。

ヘッドマッサージだと香りを強く感じるので、精油の量は半分に減らしましょう。

アロママッサージオイルの作り方 | セルフケアで健やかにこの記事は「アロママッサージオイルの作り方」を紹介しています。 足のむくみや肩こり・腰痛など、症状に応じたアロママ...

なぜアロマを嗅ぐと眠りやすくなるのか、しくみをかんたんに紹介しますね。

眠れないときにアロマがおすすめなワケ

アロマ 不眠 効果

精油をかぐとその成分が脳に伝わることから、誘眠作用の香りを嗅ぐと「リラックスしなさい」「眠りなさい」と身体や神経に命令がいきます。

眠くなるのもそうですが、不安を和らげたり幸福感がアップしたり、やる気がアップするのも同じ理由です。

香りを嗅ぐだけで脳や体をリラックスさせてくれるので、アロマはとても手軽な不眠対策になります。

アロマテラピー
アロマテラピーとは何?癒しの効果から心身のトラブルまでアロマテラピーとは簡単にいうと「植物の香りをつかった療法」です。 精油の香りを嗅いでリラックスするだけでなく、メンタルや肌・筋肉の...

眠れない時はアロマの香りに助けてもらおう

眠れるアロマはここで紹介しただけでも10本はありますが、その中でも必ず「好きな香り」を選びましょう!

好きな香りはあなたが求めているもの、嫌いな香りはその逆でかえってストレスになりますます眠れなくなります。

いい香りに包まれて質のいい睡眠をとれることを願っています。



ABOUT ME
みるふる
アロマの保健室のみるふるです 数年間、アロマサロンとアロマスクールをしていました。 アロマテラピーを楽しく正しく生活に活かすための、わたしなりの使い方の記事を書いています。 現在の保持資格 ナード・アロマインストラクター
こちらの記事もおすすめ!