アロマテラピーの基本

アロマオイルと精油って違うの?アロマオイルと精油の違いについて解説します

アロマオイルと精油は違うものということをご存知でしょうか?

アロマテラピーにおいてよく勘違いされていることの1つに、アロマオイルと精油を混同しているということがあります。

芳香浴として楽しむだけならアロマオイルでも全く構いません。

しかしあなたが「リラックスしたい」「痒みを抑えたい」など、アロマの効果に期待して使うのなら、アロマオイルと精油の違いを知っておく必要があります。

ということで今日はアロマオイルと精油の違いについてレッスンしていきましょう。


アロマオイルと精油の違い

アロマテラピーに精油が必須な理由

精油についてはレッスン2で詳しく書いているので、そちらをご覧ください。

[blogcard url=”https://millefle.com/aromatherapy-basic/4044/”]

さて、アロマテラピーで使用するのは「精油」「エッセンシャルオイル」です。

アロマテラピーは植物の香りの成分が体や心に作用することを期待して行います。

たとえばリラックスで有名なラベンダー精油があります。

ちょっといきなり難しい話をすると、ラベンダーの成分の「エステル類」や「リナロール」がリラックス効果をもたらすので、ラベンダーを使用するとリラックスするのです。

ですので、ラベンダーにリラックス効果を求めるのなら、エステル類やリナロールが入っている精油を使わないと意味がないということなんですね。

アロマオイルとは?

アロマオイルは、精油を使っていてもオイルが混ざっていたり、人工香料が使われていたりします。

キャンドル作りに使われる「フレグランスオイル」や、ポプリの香り付けに使われる「ポプリオイル」もアロマオイルにあたります。

※本物の精油を使ったものももちろんありますが、お値段が全然違います。

アロマオイルは植物から採られるのではなく人工のものなので、同じラベンダーの香りがするものとして売ってあったとしても、アロマオイルには「エステル類」とか「リナロール」などは入っていません。

本物の精油を混ぜてあったとしても、100%ピュアではないので、本物の精油のように効果は期待できないです。

ですのでアロマテラピーとして使用するのなら「精油」「エッセンシャルオイル」を使用しましょう。

普通に芳香浴として使うのならこだわらなくてもいいと思います。

ちなみに私はアロマオイルの香りは具合が悪くなるので使いません。

キャンドルやポプリ、アロマワックスバーもフレグランスオイルやポプリオイルを使ったら具合が悪くなったので、アロマオイルではなく安価な精油を使っています。

精油とアロマオイルの見分け方

雑貨屋さんでは、精油もアロマオイルも同じアロマコーナーに置いてあり、アロマオイルの方が値段が安いので、精油とアロマオイルの違いを知らないとついついアロマオイルのほうを買ってしまいがちです。

ではどうやって見分けるのかということですが、まずは箱に「精油」または「エッセンシャルオイル」と書いてあるかどうかを見ましょう。

精油やエッセンシャルオイルなら書いてあるはずです。

その他には

  • 植物の学名が書いてある
  • 抽出部位・抽出方法が書いてある
  • 原産国名が書いてある
  • 蒸留年月、消費期限が書いてある
  • ロット番号が書いてある

などであればバッチリですが、とりあえず「精油」「エッセンシャルオイル」と書いてあるかを確認できればいいと思います。

アロマオイルには「精油」や「エッセンシャルオイル」とは書いてありません。

それからお手頃な精油の相場は、だいたい3mlで600円(税抜き)前後です。

それよりも異様に安すぎる場合は飛びつかず(笑)、一呼吸置いて「精油」「エッセンシャルオイル」と書いてあるかどうか確認しましょう。

まとめ

  • 植物の香りの成分100%のものが「精油」「エッセンシャルオイル」、

他のものがまざっていたり、人工香料のものが「アロマオイル」です。

  • 芳香浴ならどちらを使ってもいいと思いますが、アロマテラピーとしてアロマの効果を期待して使うのなら、精油を使いましょう。
  • 箱に「精油」「エッセンシャルオイル」と書いてあれば精油です。

目的に応じて楽しくアロマライフを送ってくださいね(^^)

スポンサーリンク
ABOUT ME
ミルフルール
ミルフルールです 2016年3月~2020年8までアロマサロン、2021年3月までアロマスクールをしていました。 現在はスクールはお休み中です。 正しく楽しくアロマテラピーを行っていただくため、記事を書いています。 取得資格 ナード・アロマインストラクター 嗅覚反応分析士インストラクター