精油・エッセンシャルオイル

このアロマの効果は?精油の効果効能一覧

精油の効果一覧

この記事は「精油(エッセンシャルオイル)の効果効能一覧」をまとめたものです。

眠りたい時はどの精油を使えばいいの?

ウイルス対策にティーツリーを買ったけど、他に用途はあるの?

お悩み別にどんな精油がいいのかさっと見たい時、ありませんか?

1本精油を買ったけど、他に使える用途はないか知りたい時もありますよね。

この記事では、「このお悩みの時はこんな精油がおすすめです」ということをまとめています。

まだ参考事例が少なくて申し訳ないですが、これからどんどん増やしていく予定ですので、どうぞ参考にされてください^^

この記事でわかること

お悩みに効果的な精油のまとめ

アロマテラピー歴14年、アロマの保健室みるふるです。2021年までアロマスクール講師、セラピストをしていました。 3つのアロマ協会のインストラクターを取得しています

 

メンタル・神経のお悩みに使いたい時の精油

ディフューザー

メンタルや神経への使い方は主に芳香浴(香りを嗅ぐこと)になります。

ですので、「好きな香り」を選ぶのが大事です。

シチュエーションに合わせて「好きな香り」を選んでみてください。

イライラや焦りを和らげたい、リラックスしたい

興奮した神経を鎮めたりリラックス作用のある精油です。

  • イランイラン
  • カモマイル・ローマン
  • プチグレン
  • ベルガモット
  • マジョラム
  • マンダリン
  • ラベンダー
  • リトセア
  • レモングラス

 

元気を出したい

明るい気持ちになりたい、元気を出したい時に使いたい精油です。

  • オレンジ・スイート
  • グレープフルーツ
  • ネロリ
  • フランキンセンス
  • ホーウッド(ローズウッド)
  • ラヴィンツァラ
  • レモン
  • ローズ
  • ローレル

など

関連記事仕事や人間関係のストレスに。アロマテラピーで体と心をリセットしよう

 

眠りの質を良くしたい

誘眠作用のある精油です。

ラベンダーだけでなく、眠りに効果のある精油はこんなにあります。

好きな香りを選びましょう。

関連記事眠れない、目が覚めるなどの不眠に!しっかり睡眠をとるためのおすすめアロマ

 

勉強やお仕事に集中したい

勉強やお仕事タイムに香りを嗅いで、集中力アップに役立てましょう。

関連記事アロマで集中力アップ!おすすめブレンドで在宅ワークや勉強の効率アップに

 

食欲を抑えたい

「食欲を抑える作用」というよりは、「交感神経を優位にして」その結果食欲を抑えるという感じです。

関連記事食べるの大好き!過剰な食欲を抑えるアロマでスッキリダイエット

 

肌や身体のお悩みに使う時の精油

肌や身体のトラブルに役立つ精油です。

肌に塗る場合は、必ずキャリアオイル(植物油)などで薄めて塗ります。

そして肌に塗る時の精油は、なるべく質のいい精油を選びましょう。

アロマのメーカーどこを選ぶ?信頼できる精油メーカー5選この記事では「信頼できる精油のメーカー」についてご紹介します。 アロマのメーカー、確かにたくさんあって迷いますよね。 ...

 

風邪やインフルエンザの対策をしたい

抗ウイルス作用や呼吸器系に作用する精油です。

関連記事風邪の季節におすすめアロマ3選・アロマでできる予防と対策

 

花粉症対策をしたい

花粉症の不快症状を和らげる精油です。治すわけではありません。

関連記事アロマで花粉症の不快症状をやわらげよう!おすすめ精油3選とブレンド例もご紹介

 

冷え性をやわらげたい

キャリアオイルに混ぜてマッサージをしたり、バスソルトを作ってお風呂で使うことができます。

  • グレープフルーツ
  • サイプレス
  • サンダルウッド
  • シダー
  • シナモン・カッシア
  • パチュリ
  • ブラックペッパー
  • マジョラム(スイートマジョラム)
  • ゆず
  • レモン
  • レモングラス

関連記事冷え性対策に使いたいアロマ10選と2つの効果的な使い方

 

運動やマッサージで痩せたい

キャリアオイルに混ぜて、脂肪やセルライトの気になる部分をマッサージして使います。

関連記事気になるセルライトや脂肪に効果的なアロマのマッサージオイル

 

抗菌したい

精油には抗菌作用のあるものが多いです。

その中でも使いやすいものをピックアップしました。

お部屋に香らせたり、スプレーにして使います。

関連記事アロマで除菌!香りのいい抗菌スプレーの作り方

 

 虫(蚊)よけ対策

精油には蚊が嫌う香りがあります。

虫よけスプレーにおすすめの精油をピックアップしました。

  • シトロネラ(シトロネラ・ジャワ)
  • ゼラニウム
  • ユーカリ・レモン(ユーカリ・シトリオドラ)
  • リトセア(リツエアクベバ)
  • レモングラス

関連記事アロマの香りで手作り虫よけスプレーを作ろう

 

ハウスケアに使う時の精油

精油はメンタルや神経、身体の他に、ハウスケアにも大活躍します。

梅雨の臭い対策、雑菌やカビ予防

精油には、臭いの元となる雑菌やカビの繁殖を抑えるものがあります。

スプレーを作って雑菌・カビ予防ができます。

関連記事梅雨の時期の気になる臭いもアロマで解決!臭い対策アロマスプレーもご紹介

 

1本の精油で何種類もの効果効能があります

例えば、眠りたい時に効果的な精油は1つだけでなく、数種類あります。

お悩みに効果的な精油の中から、「好きな香りの精油」「手に入りやすい精油」など、お好みに応じて精油を選んでみてください。

また、ティーツリー精油の作用は1つだけでなく、数種類あります。

1本精油を購入したら他に使える用途がないか、探してみてくださいね^^

(なんて言っといてまだ記事数が足りなさすぎですので、更新がんばります。)

精油の選び方についてはこの記事を参考にされてください。

アロマのメーカーどこを選ぶ?信頼できる精油メーカー5選

ABOUT ME
みるふる
アロマの保健室のみるふるです 2016年3月~2020年8までアロマサロン、2021年3月までアロマスクールをしていました。 アロマテラピーを楽しく生活に活かすための、わたしなりの使い方の記事を書いています。 取得資格 ナード・アロマインストラクター 嗅覚反応分析士インストラクター
こちらの記事もおすすめ!