アロマクラフト

マスクにも使える!簡単アロマスプレーの作り方

手軽に香りを楽しめるアロマスプレーですが、実は自分で簡単に作れます。

ワークショップやイベントでも大人気のアロマスプレーを、お気に入りのアロマで作ってみましょう!

 


アロマスプレーって何がいいの?

気分転換をしたい時、アロマディフューザーなどを使ってお部屋に香らせるのも素敵ですが、アロマスプレーは1度作っておけば、お手軽に気分転換が出来ます。

持ち運びも出来るので、外出先の気分転換にもぴったりです。

選ぶ精油によって、リフレッシュ、リラックス、虫よけなど、いい香りを嗅ぎながら様々な作用が期待できます。

最近ではマスクに使用することも多くなりました。

 

アロマスプレーに使う材料

 

精油

「精油」「エッセンシャルオイル」と表記されているものを選びます。

精油とアロマオイルの違いについてはこちらをご覧ください

 

無水エタノール

スプレー作りに欠かせない無水エタノール。

精油は水に溶けないので、まずは無水エタノールで精油を溶かしてから、その後水を加えます。

アロマテラピーでは主に無水エタノールを使います。

無水エタノールはアルコール濃度が99%で、精油が溶けやすいのです。

ドラッグストアで手に入りますが、どうしても手に入らない場合はウォッカや消毒用エタノールでの代用もありです。

 

精製水

ミネラルなどの不純物を取り除いた水で、アロマクラフトには精製水を使います。

ドラッグストアで手に入ります。

実はここだけの話ですが、自分用に作る時は精製水ではなく水道水を使っています(^^;

 

スプレー容器

アルコール対応のものか、ガラス容器を使います。

スプレーはわりとアルコール濃度が高めなので、アルコール対応でないと容器が溶けることがあります。

透明のものよりも遮光性のものがよりいいです。

 

ビーカー

 

無水エタノールや精製水を量る時に使います

なくてもキッチンの計量カップを使えばOK!

 

アロマスプレーを作ってみよう 

 

材料 その1 (50ml・1%濃度)

どんな時に使う?

マスク用スプレー、虫よけスプレーなど

  • お好きな精油 合計10滴
  • 無水エタノール  10ml
  • 精製水  40ml
  • スプレー容器  50ml用

 

このレシピは精油と無水エタノールの濃度を低くしているので、マスク用のスプレーなどお肌についてしまっても大丈夫なように作っています。

でも使う精油によってはお肌がピリピリすることがありますので、直接はスプレーしないようにしてください。

ちなみに自分で作るのはめんどう、精油をいろいろ揃えられないという方は、アロマメーカーが作ったマスク用スプレーを使うのもアリです。

プロが作っているので香りも計算されていて、抗菌・消臭効果のある精油が使われています。

マスクに!抗菌・消臭スプレー【フレーバーライフ】

 

 

材料 その2(30ml・3%濃度)

  • お好きな精油 合計18滴
  • 無水エタノール 20ml
  • 精製水 10ml
  • スプレー容器30ml用(アルコール濃度が高いのでアルコール対応のものか、ガラス製)

 

どんな時に使う?

ルームスプレー

ゴミ箱やトイレの消臭

カーテンや枕カバーなど

 

出来上がりの分量に対して精油の量が多いので、無水エタノールを多くしないと精油が混ざりにくいです。

アルコールのおかげで香立ちがいいですし、すぐ揮発します。

作ってすぐはアルコール臭が強いですが、一週間もすれば香りが良くなります。

このレシピは無水エタノールと精油の濃度が高いので、お肌には付けないようにします。

 

アロマスプレーの作り方

今回は眠る時の枕カバー用に、ラベンダーとマンダリンで、材料その2の分量で作りました。

 

①スプレー容器に精油を垂らす

②ビーカーで無水エタノールを量りスプレー容器にいれ、ノズルを閉めてよーく振る。
ここでよーく振って精油と無水エタノールを混ぜることが大事です。

 

 

③ノズルを開けて、精製水を9分目くらいまで入れ、ノズルを閉めてよーく振って出来上がり。
入れすぎると振れないので注意です。


ラベルに日にちと、使った精油を書いて貼りましょう。

 

※スクールではビーカーで作ってガラス棒で混ぜる方法を教えていますが、私自身はスプレー容器で直接作っています(^^♪

その方が洗い物も出ないし、ビーカーに精油も残らないし、お得でお手軽です。

 

※私は精油を先に入れて、その後に無水エタノールを入れる作り方をしていますが、無水エタノールを先に入れて精油をその後でも構いません。

精油を先に入れる理由は、精油どうしを混ぜたいからです。

 

精油の濃度や使い方の注意点など

精油の濃度について

材料その1と材料その2で精油の量が違うのは、使う目的が違うからです。

お肌に付けたい場合は1%以下、香り付けに使う場合は3%くらいにします。

 

アロマクラフトを作る時には、精油の濃度計算が必要になってきます。

スクールでは計算の仕方を教えていますが、この表を見て簡単に濃度を出すことが出来ますので、参考にされてください。

アロマクラフトはほとんどのものが1~3%濃度で作ります。

肌に付ける場合も、顔につける場合と体につける場合とで濃度が違ってきますし、年齢によっても変わってきます。

 

精油の滴数早見表

 

  出来上がり分量 10ml 30ml 50ml
0.5%濃度 1滴 3滴 5滴
1%濃度 2滴 6滴 10滴
2%濃度 4滴 12滴 20滴
3%濃度 6滴 18滴 30滴
5%濃度 10滴 30滴 50滴

 

※アロマスプレーだけでなく、ほかのアロマクラフトにも適用できます。

 

アロマスプレーの保存方法

直射日光に当てないように保存します。

保存料などが入っていないので、材料その1のスプレーはなるべく2週間以内、材料その2は1か月以内に使い切ります。

材料その2は、無水エタノールが多いのでその分保存期間も長くなります。

 

アロマスプレーを使う時の注意

  • 顔にはスプレーしない!
  • 目には絶対いれない!
  • 柑橘系の精油を使った場合は、日中は肌につけないようにします。
    柑橘系の精油は光毒性があり、お肌について日光に当たるとシミになる可能性があるからです。
  • 柑橘系の精油など色がついている精油があるので、色がつくのがいやな場合は衣類やカーテンなどにはスプレーしない方が無難です。

 

 

シチュエーション別レシピ

シチュエーション別の精油の組み合わせ例です。

絶対にこの通りに作らないといけないわけではありませんので、参考までに(^^♪

精油はどこのメーカーのものを購入すればいいかわからない方は、今回私が使用した精油がお手頃で安心です。

3%濃度未満のアロマクラフトなら「精油」「エッセンシャルオイル」と書いてあれば、お手頃な精油で十分です。

 

マスク用・特に鼻づまりの方(材料その1で作る)

  • ユーカリ・ラディアタ
  • ラヴィンツァラ
  • ティートゥリー

全部で10滴になるように組み合わせます。

これにペパーミントを1,2滴どれかと入れ替えると、ひんやり感があるスプレーになります。

 

お休み前の枕カバーやリラックスタイム(材料その2で作る)

  • ラベンダー 5滴
  • オレンジ  13滴

ラベンダーとオレンジを同じ分量にするとラベンダーの香りが勝ってしまうので、オレンジを多めにしました。

ラベンダー大好きな方はラベンダーの方を多めにしてください。  

 

虫よけスプレーやリラックスタイム(材料その1で作る)

  • ユーカリ・レモン 5滴
  • レモングラス   5滴

ペパーミントを1,2滴どれかと入れ替えると、ひんやり感のある虫よけスプレーになります。

 

勉強をがんばりたい時や朝のリフレッシュ(材料その2で作る)

  • ローズマリー・シネオール 8滴
  • ペパーミント 2滴
  • レモン   8滴

 

空気清浄(材料その2で作る)

  • レモン
  • オレンジ
  • グレープフルーツ

全部で18滴になるように組み合わせます

 

香りの組み合わせが合っているのか気になるかもしれませんが、好きな香りを組み合わせれば特に変な香りになることはありません。

気軽に好きな香りを組み合わせて、世界に1つだけのオリジナルアロマスプレーを作ってみてくださいね(^^)

スポンサーリンク
ABOUT ME
ミルフルール
ミルフルールです 2016年3月~2020年8までアロマサロン、2021年3月までアロマスクールをしていました。 現在はスクールはお休み中です。 正しく楽しくアロマテラピーを行っていただくため、記事を書いています。 取得資格 ナード・アロマインストラクター 嗅覚反応分析士インストラクター