アロマテラピーの基本

アロマの使い方ロードマップ。香りを楽しむ方法からアロマの作用を利用する方法までご紹介

アロマテラピーに興味があるけど、どう使えばいいのかわからず一歩踏み込めません。

そんな方多いのではないかと思います。

この記事では、アロマテラピーの使い方について、簡単なものからちょっと難しいものまで、順番にご紹介しています。

アロマの使い方ロードマップとして、ぜひお気に入りに登録してお使いください。

アロマ歴14年、アロマの保健室みるふるです。
昨年までアロマスクール講師、セラピストをしていました。
3つのアロマ協会のインストラクターを取得しています

初めてアロマテラピーをする方なら、こんな感じで進めていけばいいと思います。

アロマテラピーの資格を選ぶ前に抑えておきたいポイント この記事ではわたしの実体験も踏まえてそんな疑問にお答えします。 主に通信講座、通学制のアロマスクールの違いについて詳しく知...

 


ステップ1・香りを楽しむ手軽で安全なアロマテラピーの芳香浴

 

一番かんたんで手軽で安全な使い方が芳香浴(ほうこうよく)です。

芳香浴は好きな香りを嗅ぐだけのアロマテラピー。

好きな香りは「自分が必要としている香り」なので、好きな香りを嗅ぐだけで自分を整えていることになるのです。

アロマテラピー初心者の方は、まず芳香浴から始めてみましょう。

芳香浴の方法もいろいろありますが、基本は嗅ぎたい時に好きな香りを嗅ぐだけ。

取り入れやすいものから試してみましょう。

芳香浴の方法

  • ティッシュにたらす
  • アロマストーン、アロマウッドに垂らす
  • ディフューザーでお部屋に拡散させる など

 

ティッシュにたらすだけでもOK

超かんたんな方法は、精油をティッシュやコットンに垂らすだけです。

これも立派なアロマテラピーなんですよ。

ティッシュやコットンに精油を垂らしただけでは、さすがにお部屋全体に香らせるのは難しいですが、使い勝手はいいです。

例えば

  • 自分のデスク周りにだけ香りを楽しむことができる
  • バッグに忍ばせておくとバッグの中がいい香りになる
  • クローゼットの引き出しの中や下駄箱の消臭や香りづけ
    (衣類に精油が付かないように気をつけます)

そして、これは必殺技なのですが、
扇風機やエアコンの送風口に、精油を垂らしたティッシュを貼り付けて、風によって香りを広げることもできます。

見た目はアレですけどほのかな香りが広がります。

さすがにお客様がいらっしゃったら慌てて取ります(笑)

 

ちょっとおしゃれにアロマストーンやアロマウッドにたらす

アロマストーンやアロマウッドに垂らして香らせます。

アロマストーンは百均にも売ってあります。

この方法もお部屋全体に香らせるのは難しいですが、自分のデスク周りくらいなら十分香ります。

私はトイレや玄関、寝室、車で使っています。携帯用も便利です。

 

慣れてきたらアロマディフューザーを購入してみる

アロマの香りに慣れてきて、これからもアロマを楽しみたいなぁと思ったら、ディフューザーなどの器機を購入するのもいいですね。

ディフューザーは、お部屋全体に香りを広げることができます。

種類がたくさんあり、どれを選べばいいか迷うところだと思います。

それぞれメリット、デメリット、向いているシチュエーションがあるので、自分に合ったディフューザーを見つけてください。

こちらの記事に詳しく書いています。

アロマ歴14年の著者が選ぶアロマディフューザー!おすすめはどれ?メリット、デメリットもご紹介。 この記事ではわたしは実際に使っている感想をもとに、アロマディフューザーの種類をご紹介します。 アロマディフューザー...

 

便利なブレンドエッセンシャルオイルを作ってみよう

アロマの香りを楽しめるようになったら、好きな精油が増えてきました。
お気に入りの精油を何本も持っているなら、ブレンドエッセンシャルオイルを作っておくと便利ですよ

ブレンドエッセンシャルオイルとは
精油を数種類ブレンドしたもの。

1種類より数種類ブレンドしたほうが、香りがよくなります。

ディフューザーなどで香りを楽しみたい特に、一度ブレンドしたものがあると、それを垂らすだけなのでとてもお手軽です。

ブレンドエッセンシャルオイルの作り方はこちらの記事に詳しく書いています。

アロマをブレンドして自分だけのお気に入りの香りを作ろう!おすすめのレシピや香りの相性を解説アロマの香りを楽しむ時、1種類の精油だけでなく数種類をブレンドしてみたいと思いませんか? でもブレンドって好き勝手にやると変な香り...

 

 ステップ2・鼻やのどが調子悪いと思ったら吸入

吸入は蒸気とともに精油を吸い込む方法です。

こんな時におすすめ

  • 喉が痛い
  • 鼻づまり
  • 咳が出る など

呼吸器系のトラブルがある時にするので、必然的に呼吸器系のトラブルに作用する精油を使うことになります。

なので特に必要のない方はこのステップは飛ばしてOKです。

吸入におすすめの精油

  • ユーカリ・ラディアタ
  • ラヴィンツァラ
  • ティートゥリー など

吸入のやり方は、

1・マグカップに熱湯を入れ、精油を1,2滴たらす

2・蒸気が逃げないように手で覆い、目を閉じて鼻から蒸気を吸い込む。

私は喉の痛みから熱になりやすいので、喉が痛くなったらすぐにやります。

効果のあるなしはその時の自分の免疫の状態次第ですが、何もしないよりはいいかなぁと。

 

ステップ3・アロマクラフトを作る!雑貨・ハウスキーピング編

 

芳香浴に慣れてきたら、精油を使ってアロマクラフトを作ってみましょう。

さらにアロマテラピーが楽しくなります

わーい、香りのいいルームスプレーとか作りたいです♡

アロマクラフトとは?

精油と他の材料を使って作るものです。

・ルームスプレー、リードディフューザーなどの体に付けないもの

・クリーム、香水などの体に付けるもの

があります。

体に付けない雑貨としてのアロマクラフトなら、精油の質や濃度、禁忌なども特に考えなくてもいいし、間違っても大丈夫です。

まずは体に付けないアロマクラフトから挑戦してみましょう!

雑貨としてのアロマクラフト

  • ルームスプレー
  • リードディフューザー
  • ハウスキーピング など

 

アロマクラフトを作る時の材料や道具については、こちらで詳しく書いています↓

アロマで手作りするなら、知っておきたい材料や道具まとめ この記事ではアロマクラフトを作る時に必要な材料や道具についてお伝えします。 精油について詳しく知りたい場合はこ...

 

一番人気!ルームスプレー

気分を変えたい時やお部屋の臭いを消したい時など、さまざまな場面で使えます。

好きな香りで作ってみましょう。

ルームスプレーの作り方はこちらをご覧ください。

好きな香りを楽しめる・オリジナルのアロマルームスプレーの作り方と使い方 自然のいい香りを楽しめる人気のアロマスプレーは、かんたんに手作りできます。 この記事では初めての方でもかんたんに作れるアロ...

 

インテリアにもなるリードディフューザー

雑貨屋さんでよく見るリードディフューザー。スティックアロマとも呼ばれたりします。

これを自分で好きな香りで作ることができるんですよ。

ただし、精油をたくさん使います。

どうしても使い切れないまま消費期限が過ぎてしまった精油がある場合、ぜひリードディフューザーを作ってみましょう。

リードディフューザーの作り方はこちらに詳しく書いています。

超かんたん!好きな香りで作るリードディフューザールームフレグランスとして人気のリードディフューザー。 インテリアとしてもおしゃれですよね。 ただ、わたしは合成香料が苦手なの...

 

ハウスキーピングに使ってお部屋を抗菌&香りづけ

精油には抗菌作用のあるものがたくさんあります。

いい香りがして抗菌作用もある、そんな精油を使ってお掃除にも取り入れてみましょう。

とは言っても抗菌作用がない精油でも全然OKです。ほのかに香りが広がっていい気分になります。

ハウスキーピングに使う方法

  • バケツに垂らして拭き掃除
  • 重曹に混ぜて消臭剤、ダニ予防
  • 抗菌スプレーでカビや臭い対策

↑以外にもたくさん方法がありますので、順次追加していきますね。

 

バケツに垂らして拭き掃除

拭き掃除する時のバケツの水に精油を1,2滴たらします。

雑巾に香りがついて、拭き掃除した後ほのかにお部屋に香りが漂います。

抗菌作用のある精油が多いので、精油は掃除にもとてもおすすめです。

ただ、床や家具が変色しないとも限らないので、目立たない場所で確認してから使いましょう。

 

重曹に混ぜて消臭剤、ダニ予防

重曹に精油を垂らして使う方法もあります。

  • 下駄箱の消臭
  • カーペットのダニ予防 など

重曹に混ぜる割合は適当でいいです。

下駄箱の消臭には抗菌作用のある精油がいいですが、自分の好きな香りでOKです。

カーペットのダニ予防はこちらの投稿を参考にされてください。

 

 

 

抗菌スプレーでカビや臭い対策

ルームスプレーの応用で、梅雨時期のカビや臭い対策をすることができます。

ルームスプレーが作れるようになったら、こちらも挑戦してみましょう。

梅雨の時期の気になる臭いもアロマで解決!臭い対策アロマスプレーもご紹介   梅雨の時期は、じめじめ感が不快なだけでなく、部屋や洗濯物の生乾きのイヤーな臭いが気になりますよね。 この臭いの原因は、高...

 

ステップ4・アロマクラフトを作る!コスメやボディ編

ハウスキーピング用のアロマクラフトに慣れてきたら、手作りコスメなどのアロマクラフトに挑戦してみましょう!
本格的なアロマテラピーって感じになってきましたね♡

コスメとしてのアロマクラフト

  • バスソルト(入浴剤、手浴、足浴)
  • マッサージオイル
  • 美容オイル
  • ミツロウクリーム
  • ローション
  • 香水、香油、コロン
  • マスク用スプレー
  • 虫よけスプレー など

肌に付けるものなので、精油の品質や濃度、特に光毒性などの禁忌には気をつけます。

光毒性とは

レモン、グレープフルーツ、ベルガモットの精油を肌に付けてすぐに日光(紫外線)に当たると、シミなどになる可能性があることです。

それらの精油を肌に付けた後は4,5時間は日光に当たらないようにしましょう。

肌に付けるタイプのアロマクラフトは注意事項も多いので、記事にしているものを参考にして、安全に作ってください。

精油の品質についてはこちらの記事を参考にされてください↓

アロマのメーカーどこを選ぶ?信頼できる精油メーカー5選

あ、そして一番大事なことは、精油原液は体に塗らないことです!

必ず植物油などに混ぜて体に塗りましょう。

アロマバスソルト(入浴剤、手浴、足浴)

粗塩やバスソルトに精油を入れて、お風呂や手浴、足浴に使います。

とても簡単に作れるので、寒い冬にはおすすめです。

ただ、塩に混ぜればいいというわけではないので、詳しい作り方はこちらの記事を参考にしてください。

アロマバスソルトの作り方・好きな香りで極上のリラックスタイムがんばった一日の終わりにゆったりバスタイムで過ごしたい。 そんな時自分好みの香りのバスソルトを使ってみたいなぁと思うけど、アロマの...

 

マッサージオイル

精油には肩こりやむくみ、自律神経の働きを整えるものなど、さまざまな作用があります。

その作用を利用して、むくみや肩こりなどの気になる部分をマッサージします。

マッサージオイルの詳しい作り方はこちらの記事を参考にされてください。

好きなアロマでセルフケア・アロママッサージオイルの作り方少し足がむくんでいる時、肩が痛い時、ぐっすり眠りたい時、好きな香りでセルフマッサージをしてみたいけど、アロママッサージオイルってどうやっ...

 

美容オイル

精油にはお肌にいい作用もたくさんあるんです。

その作用を利用して美容オイルも作れます。

美容オイルの詳しい作り方はこちらの記事を参考にされてください。

アロマでお手入れ・お肌に塗れるアロマスキンケアオイルの作り方精油はたくさんの作用がありますが、その中でもお肌に対する作用がとても多いです。 お肌の弾力を回復させる作用、お肌を引き締める作用、...

 

ミツロウクリーム

精油のお肌への作用を利用して、保湿力の高いミツロウクリームを作ることができます。

ミツロウクリームの詳しい作り方はこちらの記事を参考にされてください。

自分で作るミツロウクリーム・リップクリームやハンドクリーム、お顔のケアに手作りミツロウクリームは、ミツロウとキャリアオイルで出来る保湿性の高いクリームで、お肌の乾燥に大活躍! カサカサお肌を保護し水分が...

 

練り香水

ミツロウクリームと同じ材料で(配分は変えます)、練り香水を作ることができます。

液体の香水と違ってほのかに香りますし、こぼす心配もないので携帯に便利。

練り香水の詳しい作り方はこちらの記事を参考にされてください。

好きな香りで練り香水を手作り。ミツロウで作るオリジナル練り香水液体の香水とは違って、固形の練り香水はほのかに香るところが魅力です。 「気になるけど市販のものはちょっと苦手・・・」 そんな...

 

ロールオンアロマ

お肌にコロコロと塗って香りを楽しむロールオンアロマ。

ロールオンアロマには

  • 香油として香りを楽しむタイプ
  • 精油の作用を利用してトラブルに対処するタイプ

この2つのタイプがあります。

ロールオンアロマの詳しい作り方はこちらの記事を参考にされてください。

手軽にアロマの香りを楽しめる!ロールオンアロマの作り方や使い方 市販のロールオンアロマも人気ですが、自分の好きな香りで手作りできたら嬉しいですよね。 この記事では初めての方でもかんたんに...

 

香水、コロン

精油とアルコールだけで香水やコロンを作ることができます。

ルームスプレーより精油の濃度が高いです。

香水作りについても記事を書く予定です。しばらくお待ちください。

 

マスク用スプレー

お肌に直接つけるわけではありませんが、間接的にお肌に精油が付く可能性があるので、コスメのほうに入れました。

アロママスクスプレーの作り方はこちらに詳しく書いています。

アロマでマスク用スプレーを作ろう・マスクのストレスを和らげて快適なマスク生活を! 長時間マスクをつけていると、マスクの臭いが気になったり、マスクを付けていること自体がストレスに感じたりしませんか? そんな...

 

虫よけスプレー

精油には蚊が嫌う成分が含まれているものがあります。

その作用を利用して虫よけスプレーを作ることができます。

虫よけスプレーの詳しい作り方はこちらに書いています。

アロマの香りで手作り虫よけスプレーを作ろうアロマの香りを楽しみながら、天然精油で虫よけスプレーを作りましょう。...

 

ステップ5・ちょっとお勉強が必要・メディカルアロマ

これまでは主に「香りを楽しむこと」がメインでした。さらにアロマテラピーを活用したいならメディカルアロマに挑戦してみましょう
名前からしてなんか難しそうですね
ちょっとお勉強は必要ですが、濃度を高くしなければ大丈夫です。

メディカルアロマって?

精油の薬理作用を利用したアロマテラピーです。

本来メディカルアロマという言葉はないらしいですが、香りを楽しむアロマテラピーと分けてそう呼ばれています。

メディカルアロマと言っても日本ではあくまでも自分に使うもの限定です。

人に対して処置や処方、診断など医療行為をしてはいけません。

精油にはいろいろな作用がありますので、ぜひその作用を利用しましょう。

ただ、香りを楽しむアロマクラフトと違って少しお勉強が必要になります。

まずこちらの記事を読むことをおすすめします。

アロマの保健室で紹介しているメディカルアロマは、具体的にこういうものがあります。

まだ記事が少ないですが、参考にされてください。

除菌スプレー↓

アロマで除菌!香りのいい抗菌スプレーの作り方

風邪の季節に使いたい精油↓

風邪の季節におすすめアロマ3選・アロマでできる予防と対策

眠れない時に役立つアロマ↓

眠れない、目が覚めるなどの不眠に!しっかり睡眠をとるためのおすすめアロマ

アロマで早めのストレスケア。自律神経を整えて体と心をリセットしよう

 

かんたんなものから始めましょう

アロマテラピーの使い方をレベル順にご紹介してきました。

いきなり難しいものから始めるのではなく、芳香浴などのかんたんなものから始めましょう。

・ティッシュやディフューザーで芳香浴(吸入)

・体に付けないタイプのアロマクラフトを作ってみる

・コスメやボディに付けるタイプのアロマクラフトを作ってみる

・メディカルアロマのアロマクラフトを作ってみる(このブログに載せてあるのは危険度は低いです)

こんな感じでいいと思います。

「好きな香りを嗅ぐ」だけで心身が整うことに繋がるので、気軽に始めてみましょう!

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
ミルフルール
ミルフルールです 2016年3月~2020年8までアロマサロン、2021年3月までアロマスクールをしていました。 現在はスクールはお休み中です。 正しく楽しくアロマテラピーを行っていただくため、記事を書いています。 取得資格 ナード・アロマインストラクター 嗅覚反応分析士インストラクター